youtube twitter_logo.png iTunes.jpg facebook-banner-rsz.png 語Lystの語らなけれ場ならぬ事

2014年01月30日

歌詞:感情についての個人的な見解

えーー、
1/30が一応、公式の1st Album『上巻』のリリース日なわけでありますが、
続々と、
聴いたよ、とか
こりゃラジオドラマだな、とか
君にしてはいいよ、とか

まー、それぞれのリアクションをいただき始めておりまして、
大変有難く、励みになっていること、
ここにて感謝として、伝えさせてください。

こういうふうに人の言葉でもって感情が上下左右される、
これこそが生きる喜びなんじゃないかな、なんて!思ってまして、
そんなこと考えながらこしらえたのがこの曲なんです。
よければ、音源と併せながら聴いてみてくださいネ♪


▼感情についての個人的な見解

虎の威を借りて つまり音楽の力で
僕は感情を伝えようと思っている狐
ジョンコルトレーンがシーツオブサウンドで
その感情を伝えようとしたが如くね
思い立ったら今 この無点法な男児が
言葉という石を持って挑む猿まね
「単純だね」ってキミに言われたとしても
自信を持っていよう これ僕の意志なんだ

五感を働かせる音に目がないのさ
忘れてたメモリーを呼び起こすメロディ
ムクムクと起き上がってくる喜怒哀楽を
どう表現するかはきっと過去のパロディ
語感に息吹を与える音楽家の行為は
言うならば遠い記憶のリストラクション
はたまた 押してダメなら引いてみろの原理さ
その力引き出してみましょう

こうやって言葉バタつかせては キミにアピールしているのさ 孔雀のウイングの模様のよう
泣いて笑って暮らしてゆこう
僕が舞いあがっているのはキミがいるから

そもそも何故人間には感情があるんだろう
水槽の魚とにらめっこしたんだ
結果は引き分け引き分けの繰り返しで
うんともすんとも言わないからちっともおもしろくないよ!
彼らはなんと痛みを感じないらしい
僕らは心だって痛みを感じてる
この方向性で生きようと受け入れた僕ら先祖の
最初の感情に最高の賛辞を

きっと誰しも悩むだろう
笑えない今日があっても 希望を全部捨てないで
泣いてくじけちゃったって良いんだよ
キミが悩んでいるのは望みがあるから

生まれて来なければ良かったなんて
皆口々に言っているけれど
そんな感情もこのWonderful worldに生受けた賜物
言い換えりゃ贅沢な戯言

こうやって心を奮わして今 キミにアピールしているのさ
孔雀のウイングの模様のよう
泣いて笑って暮らしてゆこう
感情に左右されては生きていく僕ら
posted by 語Lyst at 01:16| Comment(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メタル・イーノ氏とリハーサル

えー、どうもかたりすとです。
たまには、ひらがなでかいてみました。
先日facebookで知り合いの方から、
語Lystを、
「ごりすと」って何かと思った!と言われて、
なるほど、そういう解釈があったか!!!
と、気づかされたのです。

ということで、かたりすと、覚えてくださいマシ!!

今日は仕事終わりで、
3/2 の南流山NYというところでやるライブの
リハーサルのため、スタジオに入って来ました。

何稿か前のブログでも、そのことはチラリとほのめかしたのですが、
スラッシュメタルというジャンルのドラマーで、
メタル・イーノという人がいまして、
今回初共演と相成ったわけです。

このメタル・イーノ氏はドラムだけじゃなく
他の楽器もいじくるのが好きで、
まぁいじくるというか、弾くのが好きで、(ギターを作っていた過去ありますが・・・)
今回はキーボードとドラム、
そして私の語り、&ついでにギター
というスタイルでの演奏になります。

見所は、即興演奏 というところにアリ!!

10分以内とか、担当楽器とか、
そういった簡単な決めごとこそありますが、あとはオール自由♪

歌詞も、メロディも、リズムも
その日のぶっつけに任せましょう!
という変わった企画なのですナ!

で、そのリハということだってんですけれど、
今日の1hのスタジオ練習で4曲分も出来ました 笑
それぞれに個性的で、そのときその時の気分に
左右されながら、1/f ゆらぎ的な(ここは冗談)
流れで曲というか、演奏をこしらえて来たのです。

そんで、
二人で、
行けるナ。

と、本日確証を得ました。
今回出来た演奏をするわけではありません。
当日の気分で曲をこしらえるのです!
それが、出来るネ、という確証を得たのでした。

当日入場チケットに余りがあるかどうか、わかりませんが、
万が一気になる方は、ご連絡くださいマセ!!

それでは!
posted by 語Lyst at 01:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

大学時代のサークル

今日は大学時代に所属していた音楽サークルが設立20周年ということで、
その集まりに参加してきました。
僕は10期生で、先輩・後輩、ちょうど真ん中の世代ですネ。

懐かしい再会あり、新しい出会いあり、楽しかってです!えぇ!

今回はもちろん、語Lystとしてではなく、昔の呼び名で呼ばれて
(当時・薬丸裕英氏と顔がにていたので、「やくまる」「やっくん」と呼ばれていた)
すぐにあの頃の感覚に戻りましたナ!
10年前の体験だけど、そんなもんです。

今はバンドや音楽をやっていないという人も多かったけれど、
音楽好きは相も変わらずで、(洋楽コピーサークルでした)
途中演奏などもあって、懐かしかったナ。

現役大学生もたくさんいて、
その中にも外に向けて音楽活動をしている子たちがいました。

昔の自分(まぁ今もなんですけどネ。笑)を思い出して、
嬉しくなりましたナ。

先日歌詞をアップしたアルバム1曲目の『Home』は
そんな昔の自分を歌ったものでもあるので、ぜひそこらへんを踏まえて、
聴いてみてくださいネ!

さて、1/30にリリースとうたっていましたが、
すでにiTunes Storeでは配信が始まっています。

ぜひ試聴してみてください。
もし良い予感がしたらフルで聴いてみてください!!
てか、マジで良いです!是非!

▼iTunes Store  語Lyst - 上巻
iTunes.jpg
posted by 語Lyst at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。