youtube twitter_logo.png iTunes.jpg facebook-banner-rsz.png 語Lystの語らなけれ場ならぬ事

2014年08月22日

セルフ同窓会〜槇原敬之

昔たくさん聴いたアーティストに槇原敬之さんがいる。
昔といっても、『もう恋なんてしない』『どんなときも。』がヒットしていた頃は、
まだ僕自身音楽を聴くようになる前だったから、筋金入りのファンではない。

マッキーを聴くようになったきっかけは、
覚せい剤使用の問題が騒がれて、しばらくして落ち着いた後に出た『太陽』というアルバムからだ。
それも、新品ではなく、リサイクルショップで購入したレンタル落ちのCD。
前評判として、ミスチルの桜井さんが「あの作品でぜんぜん言い訳をしていない」
とコメントしていたのを雑誌で読んだのも、聴くようになった動機付けになっている。

まぁ何はともあれそういった経緯でマッキーを聴くようになった。
それから、『太陽』の次作である『Home Sweet Home』や、ベストアルバムを聴いた。

うん、ぜんぜん言い訳してない。←受け売りコメント失礼!
桜井さんのコメントを鵜呑みしたわけでなく、
この『太陽』に本当に感動した。
人間誰もが持つ弱さにフォーカスをしぼって、
しっかり向き合っている作品で、
すばらしい楽曲にのせて言葉がズシリと飛び込んでくる。

そのように僕自身、時代に遅ればせながらマッキーにハマった後の事、
マッキーは音楽業界に完全復帰を果たす事となる。
SMAP『世界にひとつだけの花』のヒットである。

『どんなときも。』のマッキーをイメージすると
当時はあの楽曲、意外な印象をもって世に受け入れられたのではないかと思う。
でも、僕は『太陽』を聴いていたので、『世界に〜』を聴いて、
なるべくしてなった曲だなぁ、と思ったものだった。

それ以降の活躍は皆さん知っての通りだと思うので割愛するが、
僕もしばらくマッキーから遠ざかっていた。

でもたまにチェックしてたんです。
その後もたくさん作品を発表してくれているので、
聴いてない良質な音楽がまたたくさん市場に出ている。

そう、中途半端なファンの特権はここにある!!
筋金入りだと、もう、待つのがつらいじゃないですか!笑

で、昨日近作のアルバム3作を借りて来たのです。
やっぱり良質。
DTM的な話だとマッキーはLogicユーザーということで、
同じLogicユーザーの作り手としてそういう意味でも勉強になる。

でも、やっぱり曲いいですよね。えぇ。
そういうテンションをここに書いておこうと思いました。

で、みなさんにお伝えしたいのは
マッキーをオススメしたいのはもちろんですが、
ご自分が昔好きだったアーティストの活動を
今久しぶりに追ってみるということです。

自分自身、当時の気分に戻る事が出来たり、
そのアーティストの「あれからの」活動を新しい気持ちで楽しめると思います。
セルフ同窓会 
そんな感じでしょうか。

ぜひ。
posted by 語Lyst at 16:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

我は海の子、カナヅチの

話をはじめよう。
常識というものをサーフボードに例えてみる。
サーフィンにサーフボードは必要だ。そりゃ、当たり前だ。
人生を、ありきたりだが大海原に例えよう。
常識に乗るのはこの人生を渡る、または楽しむ手段のうちのひとつだ。


で、
君もサーフボード(常識)を使っている。
それを使う事を、周りのサーファーたちが強要してきたからだ。
教養という名で。

なぁ、でもよく考えてみろよ。
サーフボードだって人が作ったものだ。
そんなものなくたって、
君には手があり足がある。
そう、サーフボードがなくても
この海でもがくことが出来る。


ーーーーーーー


ま、常識がないと今の僕はここにないよ。
でも、常識がなければ違う僕がいたはずだよ。

で、ここまで来ちゃったんだ。
そして、サーフボードの歴史を知ってしまったんだ。

そのうえ、
まだ海をたゆとうている。

泳ぐもよし。
溺れるもよし。

海は広い。自由に楽しめ。
そういうことだ!
posted by 語Lyst at 00:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

2k540

アートは良い!

みなさまは御徒町と秋葉原の間にある2K540という
アート空間をご存知だろうか。
サイトのタグを引っ張ってくるならばわかりやすいかもしれない。
「ものづくり」をテーマとした、ショップ・アトリエ、飲食施設、ギャラリー.

http://www.jrtk.jp/2k540/

先日、ちゃりでここまで行って、遊んで来た。

温故知新
という言葉がありますがまさにそれで、
東京/江戸
日本という国の核を現代の解釈で表現しておられ、
非常に刺激を受けた。

アート、芸の持つ力は、
僕の心に訴えかけて来たのだ!
僕の中で久しぶりに小爆発がおきた。


やる気が出て来たぞ!
部屋を模様替している最中。
新生活が始まる。
新しい試みを始める。
生活で、音楽で、言葉で、
いよっ!!
posted by 語Lyst at 00:43| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。